制作手順を公開します

先週まで開催されていたグループ展(The Inside 2017 Part1)の会期中に,「この作品でどうやって制作しているのですか?」というご質問を多くいただきました.興味をもっていただきありがとうございます.そこで,今回はワークフローの一部(下絵の制作手順)を公開いたします.


  1. 電柱の写真を1枚用意し,Adobe Photoshopで開きます.
    制作手順_01

  2. 写真の全体を選択して,コピー・アンド・ペーストします(レイヤーが追加されます).
    制作手順_02

  3. コピーした写真を水平方向に反転します.
    制作手順_03

  4. レイヤーパネルで描画モード,不透明度などを選択・調整します.
    制作手順_04

  5. いい塩梅になったら,画像(レイヤー)を統合します.
    制作手順_05

  6. カラー画像をモノクロに変換します.
    制作手順_06

  7. モノクロに変換した画像の全体を選択して,コピー・アンド・ペーストします(レイヤーが追加されます).
    制作手順_07

  8. コピーした画像を自由に変形(拡大・縮小や回転など)します.
    制作手順_08

  9. 画像を自由に変形しながら,レイヤーパネルで描画モード,不透明度などを選択・調整します.
    制作手順_09

  10. 気に入った画像に仕上がったらレイヤーを統合して,「明るさ・コントラスト」「トーンカーブ」などを調整します.
    制作手順_10

  11. 青写真(日光写真)風に調色したら,下絵の完成です.
    制作手順_11


以上が,下絵ができるまでの制作手順です. 最後までおつきあいいただきありがとうございました. 撮影時に完成した画像を想像しながらシャッターを切れば,画像編集の工程はテンポよく作業できます. 逆に,「後でフォトショップで加工すればいいや」と,いい加減な気持ちで撮影すると,何時間かけても気に入った画像には仕上りません. 実は,画像編集ソフトでの作業はそれほど重要でなく,撮影時に全てが決ります.

ここで告知です

今年度もギャラリーQで開催される「99人展」に出品予定です. 会期が近くなりましたら,あらためてご連絡いたします. お楽しみに.

広告